通勤バッグの定番アイテム

ロンシャン ハンドバッグ

ロンシャン(LONGCHAMP)は、様々なコレクションがリリースしていますが、中でも安定した人気を誇るのがバンブーを模った金具でお馴染みのロゾシリーズ。ベーシックなデザインと使い勝手の良さで通勤バッグの定番アイテムとなっています。 最近は、トレンドを意識した独特の色使いなども増えていますが、今秋登場したクロコの型押しを施したロゾクロコは発売とともに大ブレイクしています。

ロンシャン(LONGCHAMP)とは

パリジェンヌの普段着バッグとして絶大な人気を誇るロンシャン。 1948年ジャン・キャスグラン氏によって創業されたブランドですが、当初は革巻きのパイプに代表される喫煙具を製造していたようです。 1955年より革小物の製造を始めることになりますが、1988年にサントノーレにパリで最初のブティックを開設し、一流品の仲間入りをすることになります。

タイプ別ロンシャンのバッグ

ロンシャンのバッグにはいろいろなタイプがあります。
○プリアージュ
 皮とナイロンでできた折り畳み式バッグはロンシャンの代表作。あまりにも有名ですね。収納するのにも折りたたみバッグは便利!折りたたみというと便利だけど、広げると安っぽい商品もありますが、さすがロンシャンのバッグ! オシャレに持てます。
○ロゾ
 光沢の有るつるつるの革に植物の葦をかたどった留め具です。革ですが軽量で、コーティングがしてあるので、雨に濡れてもシミになる心配がありません。色もフランスらしいセンスの良いバッグが揃っています。このサイズはビジネス用にもお出かけにも使えます。
○ニュールック
 付属の革が、つるつるではなく、モミ革(シュリンク仕上)です。
○プラネット
 ナイロン素材のシリーズですが、カジュアルの中にも上品さが感じられます。
○スポット
 素材はコットン/レーヨン、牛革付属。若々しいデザインです。
○4×4
 非常に柔らかいグレインレザーを使用、表面は革本来の自然な風合いとなっています。また、ジーンズのリベットやオーバーステッチによって四輪駆動車をイメージ。 トレンドを意識しながらもスポーティな仕上がりのバッグです。
○ヴィンテージ
 新しいコンセプトのレザーバッグ。トレンドを意識したデザイン。ヴィンテージ風の古色と丸みを帯びたバックのライン。柔らかく自然な柄のレザーを使用した皺のような外観が特徴です。

スポンサードリンク

パリでは庶民派のロンシャンバッグ

ロンシャンはフランス、パリのブランドだけあって、流石にパリの街並みに映えます。
そして気がつけば、そこら中の人たちがロンシャンのバッグを持って歩いています。
ロンシャンはその時々の用途でプリアージュとか、ロゾとか、使い分けて愛用できるのがよいですね。汚れたら水洗いしちゃえばいいや、って気軽に使えるのが何よりの魅力です。
そして何よりの魅力はその安さ!。パリで買えばほんと安いです。